酒飲み競馬クラブブログ

酒のんで競馬を楽しみましょう!

2024-01-01から1年間の記事一覧

【オークス】ステレンボッシュ国枝師「アパパネやアーモンドアイと比べても全く遜色ないレベル」

オークスに出走のステレンボッシュに国枝師「アパパネやアーモンドアイと比べても全く遜色ないレベル」とコメントしてました。 これまでの走りは抜けていないものの、血統的にはマイルは短すぎて力を出せないタイプ。それなのに桜花賞を勝ってしまいました。…

【悲報】武豊さん未だに5番人気以下でJRAGI未勝利

武豊が未だに5番人気以下ではJRA GI未勝利ですね。 ほとんど人気のある馬しか乗らないですからね。 武豊が乗ると、駄馬でも異常人気になります。武が5番人気以下になる馬は、他の騎手なら二桁人気でしょう。 必死で追っているんですが、腕力が足りなくて馬が…

GI・6勝グランアレグリアの初仔一口募集価格は500万

GI6勝の名馬グランアレグリアの初仔の一口募集価格が500万円と発表されました。 この価格設定は、勝巳氏や名義の中央馬主資格を持っている共有馬主並みの値段です。そもそも元手を回収したいと思うような層向けではなく、セレクトセールで億を使う超大金持ち…

【オークス2024予想】クイーンズウォークが重賞勝ちした舞台で雪辱へ!

氷馬:クイーンズウォークは前走の桜花賞では3番人気に支持されながらも8着に終わりました。 オークス向きという評価も事前にありましたので、適性面で他の馬の方が上回っていたのかもしれません。今回は適性が高いとされるオークスですので、前走からの巻き…

テンハッピーローズ津村「人気なかったけど左回りが合うのでチャンスだと思ってた」

テンハッピーローズ津村「人気はなかったけど、左回りが合うのでチャンスだと思っていました」とコメントしていましたね。 府中での実績が豊富というわけではないので、このコメントを聞いても信じる人は少なかったでしょう。 G1でこの勝ち方は、歴史的名馬…

モレイラさん、今年で見納めか

モレイラ騎手、今年で見納めかなあ。 オークス 騎乗無しダービー ダノンエアズロックもしくはゴンバデカーブース安田記念 ソウルラッシュ ここであと1勝が必要なため、ほぼ不可能です。 勝ち確のステレンボッシュに乗らないなら、それほど勝ちにこだわってい…

「オークス2024予想」桜花賞3着の末脚自慢のライトバック

炎馬:ライトバックは前走の桜花賞で4角を最後方で迎えましたが、そこから上がり最速の末脚を繰り出し、3着と好走しました。 それまで重賞での馬券内実績はありませんでしたが、2走前のエルフィンS(L)ではチューリップ賞(GII)勝ち馬のスウィープフィート…

ヴィクトリアマイルの戦犯は?

ヴィクトリアマイルの敗因について考察します。 武豊は大出遅れし、直線で馬群に突っ込んで前が壁になり、全く追えませんでした。 モレイラは外に出せばよかったのに、自ら馬の間に突っ込んで自爆してしまいました。 川田は偶然を装って斜行し、モレイラの前…

8着ナミュール高野調教師「3角過ぎで接触してバランスを崩してしまったのが痛かった」

高野調教師は8着に終わったナミュールについて「3角過ぎで接触してバランスを崩してしまったのが痛かった」とコメントしましたが、素直に鞍上の選択を誤ったことを認めるべきです。 あのような位置取りになるとは思っていなかったでしょう。出遅れたうえに外…

【ヴィクトリアマイル2024 】津村明秀が21年目にして涙のGI初制覇

ヴィクトリアマイル2024で津村明秀騎手が21年目にして涙のGI初制覇を達成しました! 津村騎手の初G1制覇に、ファンからは驚きの声が上がっています。なぜこんなところでG2を飛び越えてG1を制覇することになったのか、本人もビックリだったことでしょう。 し…

【ヴィクトリアマイル】ナミュール武豊 「結果を出せず残念です」

ヴィクトリアマイルでのナミュールと武豊騎手のコメントが注目されています。 「結果を出せず残念です」と述べられましたが、出遅れた時点で勝負は難しいとの指摘もあります。 追い込み馬の場合、脚の使いどころを見極めることが重要ですが、テン乗りだった…

福永厩舎の有能さがバレ始めたわけだが

福永厩舎の素晴らしさが徐々に広まっていますね。 驚異的な能力ですね。ダノスコまでもが復活するとは。 2歳馬、1歳馬がまるで銀河系の軍団だから、これからが楽しみですね。 騎手の選択は重要ですが、福永厩舎はそこにおいても優れています。G1レースの展開…

モレイラ「ソーヴァリアントはもうちょっと距離長いほうがいい」

モレイラ騎手がソーヴァリアントについて『もうちょっと距離が長いほうがいい』とコメントしていますね。 迷走した結果、モレイラからダメ出しされたとの話題です。競馬ファンの間でも距離の調整が必要との意見が多い中、ソーヴァリアントは謎めいた使われ方…

サトノダイヤモンド希望の星スズハローム

サトノダイヤモンド産駒のスズハロームが、めちゃくちゃ強い勝ち方を見せたかと思えば、次のレースでド派手に跳ぶことを繰り返す馬として注目されています。 この馬はルドルフ世代のスズパレードに好感を持っていたファンにとっては、馬主の親族の馬として重…

【京王杯SC2024】オルフェ最高傑作ソーヴァリアント

京王杯SC2024でのオルフェの好走が話題となっています! 7着という結果を収めましたが、今ではどんな距離を走っても大差ないという声も。しかし、中山競馬場での活躍できなかったのが長かった時期がもったいなく、G1レースに挑戦しなかったことが謎との意見…

【六社S2024】ダービー3着ハーツコンチェルト3勝クラスで馬券外

六社S2024でダービー3着のハーツコンチェルトが3勝クラスで馬券外に終わりました。 これは4歳クラシック勢としては悲しい結果ですね。ハーツコンチェルトは頭高い走法を持ち、スパッと切れるタイプではないため、東京競馬場での成績が悪かったら終わりかもし…

【六社S】ハーツコンチェルトが3勝クラスに出走

六社Sにはダービー3着馬のハーツコンチェルトが3勝クラスに出走しますが、一部からは鉄板と見られる声もあります。 しかし、松山騎手の戦略や前走の結果によってはまだ3勝クラスに滞在しているとの指摘も。またワイドエンペラー前走下手に乗らなかったら掲示…

メイショウタバル、ダービーに向けて我慢を覚えさせる調教を繰り返す

メイショウタバルはダービーに向けて、我慢を覚えさせる調教を繰り返しています。 一部からは最強の逃げ馬にするべきだとの意見もあり、62秒とか出て悲鳴上がる府中みたいにしてもらいたいですね。 しかし、我慢を成功させた馬が存在するかどうかについては…

ルメール「今週からはトップコンディションで乗れそう」

ルメールが今週からトップコンディションで乗れそうだとコメントしましたが、一部からはトップコンディションになるまでG1レースに出走すべきでないとの意見もあります。 G1をウォームアップに使うなんてね笑 特にNHKマイルでのレース展開もあり、それが今回…

コスモキュランダってジャスティンミラノとそこまで能力差ないよな?

コスモキュランダとジャスティンミラノの能力差について、一部ではそれほど大きな差はないとの声もありますが、実際にはどうなんでしょうか。 コースや騎乗戦術の違いが能力を左右する要因となることも考慮されます。また、鞍上の変化も影響を与える要素であ…

【悲報】オークス登録馬ボーダー400万 ダメ元で登録した1勝馬の4頭も全て出走確定

オークス登録馬のボーダーが400万円になり、ダメ元で登録した1勝馬の4頭も全て出走確定とのこと。 それでも何とか18頭が揃ったのは幸運ですね。ステレンボッシュを軸に桜花賞組を加えるという戦略もありそうです。 クラシックで頭数が集まらない理由は距離だ…

フェブラリーSで2着のガイアフォースが安田記念に参戦

フェブラリーSで2着のガイアフォースが安田記念に参戦しますね。 せっかくダートで結果を出したんだから、ダート路線で活躍してほしいと思うファンも多いだろう。 二刀流で挑戦する姿勢には賛否両論あるかもしれないが、1600mが得意距離として注目される一方…

【ヴィクトリアマイル2024予想】マスクトディーヴァ満を持して新女王へ!

緑馬:マスクトディーヴァが阪神牝馬Sでの勝利を収めました。 最内枠から脚を溜め、直線では外に出して見事1着となりました。モレイラ騎手が内ではなく外を選び、馬群を割って位置を確保する姿は素晴らしいものでした。 東京新聞杯では出遅れにより前有利の…

【ヴィクトリアM2024予想】昨年マイルCS制覇しV候補のナミュール

雷馬:ナミュールがマイルチャンピオンS(G1)での勝利を収めました。 直近2走はドバイターフでの2着と香港マイルでの3着という、海外での好走が勢いづくナミュールが国内のG1戦線に復帰します。 特にドバイターフでは、ダノンベルーガやドウデュースに先着す…

オーサムリザルト強すぎ!無傷の6連勝でJpnII制覇

オーサムリザルトが無傷の6連勝でJpnIIを制覇しました。彼女は不振の4歳世代でもありながら、ダート古馬牝馬の最強に輝きました。 この勝利はインゼルレーシングにとって初めての重賞制覇となり、喜びはひとしおです。 レースでは激しいペースにさらされなが…

福永師「勝ちに行く競馬とは早めに動くことではない。ファンは理解してくれない」

福永師が「勝ちに行く競馬とは早めに動くことではない。ファンは理解してくれない」と発言しました。 一般的なファンからは、勝つためには早く動くべきだという考え方があるようですが、外国人騎手はポジションを上手に取れるため、早めの動きが必要ない場合…

【ヴィクトリアM2024予想】今回唯一のディープインパクト産駒フィアスプライド

黒馬:フィアスプライドは2走前のターコイズS(GIII)で重賞初制覇を果たしました。 ミスニューヨークやライトクオンタム、コナコーストなど、実績のある馬が出走していた中での勝利は、彼女の高い能力を証明しています。 さらに、そのレースで4着だったソーダ…

マイラー種牡馬モーリスさんが全滅

マイラー種牡馬であるモーリスの産駒がNHKマイルカップで全滅する結果となりました。 ダノンマッキンリーが13着、シュトラウスが16着、キャプテンシーが18着という結果でした。 強みである速さが同時に最大の弱点となっており、その賞味期限は3歳秋から4歳冬…

【ヴィクトリアマイル2024予想】ウンブライルはNHKマイルC2着の実績馬!

氷馬:ウンブライルは昨年のNHKマイルC(GI)で牡馬相手に2着という好走を見せました。 直線では最後方から末脚で迫り、高い能力を示しました。その後は右前脚の手術で長期休養を余儀なくされましたが、復帰戦の東京新聞杯(GIII)では9着に終わりました。 しか…

【名古屋グランプリ2024】ノットゥルノ強すぎ

名古屋グランプリ2024でのノットゥルノの圧倒的な勝利が話題となっています。 右周りコースでの彼の強さが再び証明されました。22年生まれの馬たちの実力は驚異的です。彼はスマートファルコンと同じく、暴走逃げで後続を圧倒するやり方を身に付けたようです…